中古車選びと年式の関係

一般的に、車は新車での販売当時から時間が経つほどに、その価値は下がっていきます。

そのため、かつては人気のあった車種も、中古車として、かなり安い値段で手に入る場合があります。


ただ、中古車の価格は、同じ車種でも、製造した年が一年違うだけで、大きく変わる場合があるものです。

このことから、中古車選びを行う際は、車の年式をしっかりチェックすることが肝要です。

たとえば、同じモデルでも、マイナーチェンジ以前と以後で、中古車価格が大きく変わる場合があります。

マイナーチェンジ以前と以後では、後者のモデルの方が、高額で取引されることが一般的です。



ですので、マイナーチェンジによって変更されたポイントに、余程のこだわりがなければ、マイナーチェンジ前の車両を探した方が、同価格で程度のよい車両を見つけられる可能性があります。



また、マイナーチェンジで行われた変更点にこだわりがあった場合でも、自分で中古車パーツを揃えることによって、その変更点を安価に補える場合もあるものです。

たとえば、マイナーチェンジによって、フロントグリルやテールランプといった外装が変更されているだけなら、中古パーツで簡単に付け替えることができます。

口コミ評判の高いNAVERまとめのことならこちらをご活用ください。

中古車選びを行う際は、こうした外見上の細かな点よりも、まず、車そのものの程度を見極めることが肝要です。走行距離、エンジンの調子や、直進性が保たれていること、ブレーキの効き具合など、車としての基本性能がしっかり維持されていないと、外見が美しくても、車としてはよい物件だとはいえません。

中古車選びをする際は、車の基本性能が維持されていることを踏まえた上で、外見などにこだわることが重要なのです。